本文へスキップ

グローカルナ視点で地域づくり活動を支援する Furusato Mirai

一般社団法人ふるさと未来への挑戦

トップページ

地域づくりの英知を新しい法人で

 
 秋津野がこれまで一つ一つ積み上げてきた地域づくりは行政主導型では実現困難であったかと考えます。それほど上秋津の地域づくりはしっかりと地に根を張り、これまで地域づくりに携わってきた住民の経験や英知は、これからも私たちの地域づくりに役立つモノであると確信しています。これまで地域づくりで培ってきた人材ネットワークを維持するためにも、そして地域づくり新時代への試金石として、今回、当地方で地域づくりを支援する中間支援組織『一般社団法人ふるさと未来への挑戦』を誕生させました。
クリックで拡大(高尾山から秋津野) これまで地域では、昭和32年地域財産の管理運営を行い、そこから得られた利益は地域づくりへ支援する社団法人上秋津愛郷会のの誕生からはじまり、平成6年に秋津野塾を設立をし、住民主体の地域づくりやコミュニティづくりに取り組むと同時に、平成14年に「秋津野マスタープラン」を策定。その後マスタープランに基づき実践活動に取り組んできました。その成果として農産物直売所「きてら」の新築移転と法人化を果たし、その後、地元の柑橘の高付加価値化(6次産業化)への取り組みとして『俺ん家ジュース工場』の設置。平成20年には、旧上秋津小学校の木造校舎を活用した都市と農村の交流施設『秋津野ガルテン』も住民出資でオープンさせ、農業体験、みかんのオーナー制度、農家レストラン、宿泊施設、地域づくり学習の運営の他、新たに、地元柑橘を使用したお菓子体験工房『バレンシア畑』の設置で、交流人口は直売所や交流施設を合わせると年間約12万人(有料交流人口)となっています。また、これまで地域で取り組んできたコミュニティービジネスで、地域における経済効果は約10億円(和歌山大学 )に達し、同時に地域雇用にもつながっている。
 しかし、今、グローバル化の波が私たちが暮らす地方にも押し寄せ、農産物の生産維持にも困難を強いられる時代を迎え、農村における暮らしも少しずつ変化をもたらしています。
 これまでの地域づくりの手法や組織団体の守り一辺倒だけでは乗り越えて行くことが難し時代であるからこそ地域づくり中間支援組織の役目は大きいと考えます。

  お知らせ&トピックス

 

社員(会員)募集中!

 
一般社団法人ふるさと未来への挑戦の社員(社団法人でので会員のことを社員と称します)を募集しております。当法人は自然エネルギー関連事業を通じて、地域づくり活動に取り組まれています公人、団体、法人への活動支援、人材育成支援等を目的としています。皆様方の英知やご鞭撻により、地域課題の最小化を目指したく、さらに、豊かなふるさと未来へと最大化させたいと考えています。どうか趣旨をご理解の植えご応募頂けますようお願いします。
【社員になるには】
1.社員登録依頼書を確認下さい。社員登録依頼書はこちら(PDF)、社員登録依頼書(Excel版)
2.依頼書をプリントアウトして下さい
3.自ら口数を決定し、社員登録依頼書に必要事項を記入
4.指定の金融機関に年会費をお振り込み下さい
5.お振込後FAXもしくは郵送で社員登録依頼書をお送り下さい


新聞・メディアでの紹介

 
2014年12月24日
農家の有志らが地域づりくの社団法人設立 <紀伊民報>
2015年2月25日
売電収益を地域づくり 田辺市上秋津に太陽光発電設備が完成  <紀伊民報>
2016年6月7日
農村地域が連携してまちづくりウォークや体験イベント実施  <紀伊民報>


一般社団法人ふるさと未来への挑戦

〒646-0001
和歌山県田辺市上秋津1572

TEL 0739-35-1199


 田辺市全体と上秋津の人口動向
大合併後(平成17年以降)
平 成
(3月末)
上秋津
(人)
田辺市
(人)
 28年 3,247  77,012 
27年 3,286 78,168
26年 3,295 79,116
25年 3,288 80,117
24年 3,283 80,475
23年 3,296 81,191
22年 3,320 81,938
21年 3,330 82,537
20年 3,335 83,299
 19年  3,363 84,159 
 18年  3,351 84,975 
 17年  3,323 85,667